映像演出勉強部屋

映像演出のこと 3DCGのこと 作品紹介 このサイトについて

« まずは登録 | メイン | 自作Blogはなかかなムズイ »

2004年12月17日

インターフェイス自由自在&デュアルモニタ

液晶ディスプレイを二つ買いました。
片付いていない机に無理矢理並べてデュアルディスプレイにして喜んでいるところ。(笑)
 dual.jpg

ただ、画面が二つある操作性にまだ慣れない。
全画面表示にしてもどちらか一方で全画面になる。
まぁ、それはビデオカードのドライバの機能で、2画面フルのボタンを追加できるので良いとして、アプリごとに、2画面を活かした配置にしないといけない。

そこでC4Dのインターフェイスの柔軟性が嬉しいわけですな。
今まで、ほとんどデフォルトのまま使ってて、むしろ、うっかりレイアウトを崩して焦ったりしてましたが、今回は役に立ってます。

R9では配置だけでなく、様々なインターフェイス要素をカスタマイズできるのが驚いた。
追加されたHUDはもちろん、本当に細かい部分を表示、非表示、位置、色、など調整できるようになってる。
ちょっと感動したのが、エディット画面の左上にある「透視」「右面」「上面」などの表示まで動かせた事。別に動かす意味無いんですが(笑)
HUD.gif
今気付いたけど、「表示」というタブが二つあるね(画像上部)

あとは、プレミアやAEのレイアウトこそ2画面にしたいアプリなわけだけど、プレミアのレイアウト変えようとしたらイライラしてきて止めてしまったので、またやり直さないとな。

投稿者 yutaka : 2004年12月17日 14:19

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yutaka.sakura.ne.jp/mt2/mt-tb.cgi/3