映像演出勉強部屋

映像演出のこと 3DCGのこと 作品紹介 このサイトについて

« とりあえず徒歩 | メイン | やっとエコシステムを触る »

2005年07月25日

finalRender Stage-2が出るって事で

http://www.finalrender.com/products/products.php?UD=10-7888-35-788&PID=53

とっても気になる情報で、とりあえず欲しくなったりする。でも高いし。
サンプル画像を見てると、今のC4Dでも出来そうな画像が多い気がしたので
実際どこが違うか、なんとなく今のCinema4Dで真似してみた。
というか、Maya版のサンプルも混ざってるけど。

20050725ball.jpg
試してから気付いたのだけど、stage-2はスカイライトからコースティクスを表現できるのが売りのようで、今のC4Dはライトからしかフォトンが飛ばない為、ライトを置かないといけない。
普通にライトを置いたので、そこだけ明るくなってしまった。
1点から飛ぶフォトンでは同じようにはならない。たくさんライト置けば擬似的なことはできるかもしれないけど。

20050725ringring.jpg
よくわからないけど真似してみた。
とりあえず2GHzデュアルで14秒といってるけど、こちらは2.4GHzで48秒。まぁまぁか。

20050725blurry.jpg
透過物の内部が拡散屈折してる物体。重い…。
320x240で8分もかかった。サンプル数とかもまだ粗いのに。
外側だけ反射してるのも真似しようとしたけど、イマイチ。
細いウネウネはどう作ったらいいかな?
これはマトリックス押し出し。

投稿者 yutaka : 2005年07月25日 04:29

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yutaka.sakura.ne.jp/mt2/mt-tb.cgi/30

コメント

コメントしてください




保存しますか?