映像演出勉強部屋

映像演出のこと 3DCGのこと 作品紹介 このサイトについて

« 2005年11月 | メイン | 2006年01月 »

2005年12月27日

スケーターミニ!!

http://www.eizoservice.co.jp/hp/3/skater-mini.html

これわっ!!

小さくて扱いやすく、手軽に幅広く使える。
床や机の上などの撮影だけでなく、普通の高さでも台となるものを用意すればよい。
その手があったか。
そういやレール作るとき、試しに机の上しか走らないような小さい物作ったけど、それで良かったんだな。
あとはタイヤをそれぞれ回転・固定できる事で大きな弧を描くこともできる。
短い距離ならこれが良さそう。

いくらで売ってるんだろうかと調べたら、レンタルしか見つからない。
これこそ自作するっきゃないか。構造はシンプルっぽいけど、どうかな。

 

投稿者 yutaka : 15:36 | コメント (0) | トラックバック

2005年12月19日

電子回路再入門

少し前に撮影用の特殊機材を自作しようとしている方にメールを頂きました。
私が以前に自作特機について書いた記事というか掲示板を発見して書き込んでくれました。
私も以前より高度な特機の自作に手を出しかけていたので、刺激になりました。

が、以前の自作が全て成功していたわけではないので微妙なんですが、
簡易的なモーションコントロールカメラを自作しようかという事になってます。
無謀かもしれませんが。
メールくださった方もモーターでコントロールさせる予定とのこと。
うまくいくことを期待します。

私の方は、ハナからろくに覚えていない電子回路のわずかな知識すら忘却の彼方なので、
0からはじめるつもりでちょっと勉強してみようかと思います。
一応まわりに知識のある人もいなくは無いので、ちょっとずつ進めてみます。

 

投稿者 yutaka : 11:46 | コメント (3) | トラックバック

2005年12月13日

毛の表現

 Fur_wanda Fur_SPD

Cinema4D用の新モジュール 「Hair」が発表された所で、ちょうど良いので毛の表現について。

最近、PS2用ゲームソフト「ワンダと巨像」をやって、毛の表現に関心した。
リアルタイムでどうやっているのかと思って良く見ると、ポリゴンを何重にも重ねてテクスチャで表現しているらしい。

という事で、思いつきでまねしてみた。もっと遠目で見る分にはそれらしく見えそう。
左の画像がワンダ的毛の表現。右はとポリゴン変位SPDで表現。
毛の奥行きを表現するために、左は拡散で下に行くほど暗いグラデーションをかけていて、ライトの影はなし。
SPD側はソフトシャドウを使っている。

アンチエイリアシング「ジオメトリ」だと左が1秒、右は8秒。
「ベスト」にすると左が16秒、右が15秒。逆転する。
左は透過の平面ポリゴンを重ねているのでアンチエイリアシングの方法に大きく左右される。
fur_poly こんな感じのポリゴン
ジオメトリにした所で結果はあまり変わらないので、早く済ませたい時には使う価値があるかも。
ただ、毛の奥行きをグラデーションシェーダーでやるのは、形状によっては使えないので、別の方法を考えないといけないか。
右と同じようにソフトシャドウだと影でギザギザが目立ってしまうのだが、遠目なら別にいいかな…?

今回使ったのはノイズシェーダーで直線的な毛であるが、場合によっては使えるかな。
CGWorldの記事を見てみたら、本家はテクスチャにライトウェーブのプラグインから出力した結果を使ってるらしいので、 そちらの方が表現力が高い。

新モジュールは見てると欲しくなるが、そんなに必要というわけではないので保留かな

 

投稿者 yutaka : 14:34 | コメント (0) | トラックバック