映像演出勉強部屋

映像演出のこと 3DCGのこと 作品紹介 このサイトについて

« 2006年03月 | メイン | 2007年06月 »

2006年06月07日

フォーカス(被写界深度)

フォーカスがあっていない部分がぼやける。
見た目もなんとなくカッコよくなる。
見せたい部分以外ぼやけるので情報の整理が出来てわかりやすい画になる。
距離の違いによって、注目させたい部分を変化させる事もできる。

逆にCGではすべてがくっきり作られてしまうので、ぼかし効果を加えないといけない。
Cinema4Dの被写界深度を使ったが、どうもおかしな結果になる。
ろうそくに注目するとわかるが、ある時点で何か切り替わったかのような急な変化が起こる。
バグだろうか?今のところよくわからない。
手前のりんごに関してはそういったことは起こってないようだが…。

focus01 focus01.wmv - 64.2 KB

投稿者 yutaka : 01:35 | コメント (2) | トラックバック

2006年06月01日

ズーム

もっと考えて研究したいところなんだけど、とにかく粗があっても始めてしまうことにする。

どんなことから始めればいいかわからないのでとにかく基本中の基本から。
映画技法完全レファレンスという本を教科書にして、そこにある事例を
CGを使って勉強していく事にしてみる。
その中でCGであるがための違いなども勉強になるかと思う。
CGでの再現は簡単に作るつもりだが、CGの訓練にもなるだろう。

まず「ズーム」。
ドリーとは違って、カメラ位置は動かさずに画だけが拡大していく。
他にカメラを使った動作の中でも、人間の目には不可能なものなので
黒澤明はその不自然さを嫌ってかズームを使わないようにしていたという話もあるとか。

カメラでズームを使うと被写界深度に変化が出る。ピントが合う範囲が狭まり、背景などがぼやける現象が起こる。 個人的にはこれが見た目の要素として重要だと思ってる。
わかりにくいかもしれないが、一応CGでも被写界深度エフェクトを加えてみた。

zoom01 zoom01.wmv - 117.8 KB

投稿者 yutaka : 03:47 | コメント (0) | トラックバック