映像演出勉強部屋

映像演出のこと 3DCGのこと 作品紹介 このサイトについて

« Kinectでモーションキャプチャ | メイン | PyroClusterとThinkingParticlesを使った火炎爆発 »

2011年07月14日

CG爆発への一歩。まずセメント爆発

動画リンク

CGによるリアルな爆発を目指して、Thinking ParticlesとPyroClusterを使用して
まず、特撮などで使われるセメント爆発という煙だけの爆発を作ってみました。

まず最初は、Cinema4D標準エミッタを使用して
エミッタの中にエミッタを入れて、粒子をばらまこうと思ったのですが
標準エミッタでは出来ない仕様とのこと。(画面がおかしくなります)

仕方ないのでThinkingParticlesを勉強しなおし。
いつからかわからないけど、コンテンツブラウザにあるTPのサンプルが変わっていて
難しすぎて見るだけで拒絶反応をしめす複雑さ。(に見える)
マクソンHPにあるプリセットライブラリVersion3がシンプルで良いです。
マクソンダウンロードページ

PyroClusterは小さくして、粒子を大量に発生させるようにしました。
また、中央の爆煙を追加するために、大きめのPyroClusterを追加して完成。
セメント爆発に関してはなかなか良いのではないかと思ってます。

次は赤い爆炎をあげるナパーム爆発を再現しようかと思ってますが
これが意外にむずかしい。リアルにならない。
しかし、PyroCluster重いですね。時代遅れな感じがする。

流体プラグイン欲しいです。

と、久しぶりのエントリー。
このところ、C4Dを結構使う予定なので出来るだけ記事も書いておこうかと思います。

投稿者 yutaka : 2011年07月14日 12:43

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.yutaka.sakura.ne.jp/mt2/mt-tb.cgi/68

コメント

コメントしてください




保存しますか?